カフェインレス ワンダ アイムフリー

先月アサヒ飲料社からカフェインレス缶コーヒー「ワンダ アイムフリー ブラック」「ワンダ アイムフリー ラテ」が発売されました。 早速両方飲んでみましたが、カフェインレスということでこれまでの缶コーヒーと違ってコクがないのではという心配とは裏腹に両商品それぞれのおいしさを感じました。

今回の商品を知って興味を持った点があります。 それは「アイムフリー」というネーミングに象徴される商品コンセプトです。

ニュースリリースでは以下のように書かれています。

ネーミングは、商品特長の「カフェインレス」であること、「あらゆるシーンで飲用できる缶コーヒーの新スタイル」であることを“フリー”という言葉を使って表現しました。(アサヒ飲料ニュースリリースより引用)

アサヒ飲料社は飲用シーンを訴求した「朝専用 ワンダ モーニングショット」で大成功を収めていますが、今回は飲用シーンを限定していません。
「ワンダ モーニングショット」は朝専用と差別化して朝の飲用市場だけをターゲットにしたわけではなく、差別化でトライアルユースを促進して朝以外の飲用シーンでリピート飲用されるようになったことが成功した理由だと思います。 その成功事例を応用すれば「夜専用 ワンダ ナイトショット」はなかったのでしょうか。

私の周りでも「興奮して眠れないと困るからコーヒーは夜は飲まない」という声が良く聞かれます。 そのようなターゲットに対して「夜でも安心して飲める」というベネフィットは存在しますので、 カフェインレスという機能面でのエビデンス(裏付け)があるのですから、そのベネフィットはより強化され競合品と比べての明確な差別化になるはずです。
そしてモーニングショットと同じようにトライアルでおいしさを感じればリピートに繋がり夜以外でも飲む消費者は多くなるのでは。

アサヒ飲料社の開発担当者の間でこのような考えがないはずはなく、別の理由で今の商品コンセプトになっていると思いますが、ニュースリリースでは残念ながらそれが判りません。

事実はともかく、他社の新商品が出たときに「自分ならこう考える、こうする」という意見を社内で交わすことも新製品・新商品開発にとってはとても大事なことではないでしょうか。

Pocket

食品新商品開発 実践セミナー
~ヒット商品づくりのポイント~
2017年10月20日(金) 東京開催
参加申込受付中 残席 ▲
セミナー詳細


スポンサーリンク
スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す