月別アーカイブ: 2014年1月

人間は食品を口にする時、情報から味わう

昨年末に社会問題化したホテルやレストランにおける食材偽装問題。
人間が記憶に刷り込まれた情報で食品のおいしさを判断するという消費者心理を巧みに悪用した事件でしたね。

車エビとブラックタイガー、焼いたり煮たりソースがかかった状態でどのくらいのおいしさの違いがあるのでしょう。ブラインドで食べさせられたら区別がつかないかもしれません。
しかし、それを食べた消費者は「おいしいものを食べた」という満足感の価値を享受していることも事実です。

食べたいものがすぐ手に入る日本で消費者が食品に求める価値は
一、おいしさ
一、健康
一、安全
売上げを上げるため、コストを下げるために嘘をつくのはもってのほかですが、嘘をつくことなくお客様に価値を提供していくことは今の日本の食品市場では大切です。

単に「低価格である」と言う価値ではなく、消費者が価値を感じる要素、情報を見つけ出し、それを製品に反映させて、価値がより解りやすいように商品化(ネーミング、パッケージ、キャッチコピーなど)を工夫することが新製品・新商品開発の一つの大きなポイントではないでしょうか。

コストが高く販売価格が高くなっても、そのような商品を求めるお客様が確実にいることを今回の事件が教えてくれました。

人に自慢できる商品を目的とした新製品・新商品開発

皆さんは新製品・新商品開発を始めるにあたってどのような商品をつくろうと思いますか?
「売れる商品」「利益の出る商品」「お客様に喜んでもらえる商品」「消費者ニーズを満たす商品」など答えは様々でしょう。

私は「人に自慢できる商品をつくる」ことを目的に新製品・新商品開発を進めてきています。
「これいいでしょ」と人に聞いて「それいいね」「それすごいね」との答えがもらえる商品です。
横柄、上から目線と思われる方がいるかもしれませんが、専門家なのですからこのぐらいの意気込みは必要でははないでしょうか。

ありきたりの商品では決して自慢できませんよね。
自慢できるのは、他の商品とは違った、今まで人が気が付いていない価値を持った製品、商品でなくてはなりません。
そのために製品レベルの価値の違い、商品の物語性、商品、情報発信、販売方法の差別化など自慢できる要素が必要になります。

自慢できる商品を生み出すために私が行なってきた方法を参考までにお伝えします。
それは、友人、知人の誰かひとりを頭に思い浮かべ、その人に自慢できる商品を考えてみることです。
相手が違えば自慢できる商品のアイデアがいくつか出てくると思いますが、自社の状況、市場の環境、ターゲットの大きさなどを勘案してそのアイデアを絞り込みます。
意外と簡単に出来て大きな効果が期待できます。
是非一度お試しになられてはいかがでしょう。